All Articles

初めてのTech DayでConcourse CIに入門した

コイニーのバックエンドチームでTech Dayを初開催しました! Tech Dayとは、「日々のプロジェクトにリソースを取られて、技術獲得やチャレンジができず知的好奇心を満たせていない」と感じたリーダーが(勝手に)企画してくれたとてもありがたい日です。2週ごとに1日くらいのペースでやっていくつもりです。 題材は、自チームや自身のメリットに繋がることであれば何でもよいです。(他チームの為に便利ツールを作成するとか運用が発生するようなものはやらない)

私は題材に「Concourse CI入門」を選びました。チュートリアルを試したレベルですが、やったことを書きます。 この題材にした理由は2つあります。

  1. 数年前から気になっていて、当時の同僚(とても尊敬している人)がかなり推していたから
  2. 会社でJenkinsを使っているけど、時代的にどうだろうと思ったから。

Concourse CI入門

チュートリアルをやりました。

Concourseをローカルにデプロイ

  1. Docker Composeのインストール
  2. 任意のディレクトリで次のコマンドを実行。Councourseがデプロイされます。
$ wget https://raw.githubusercontent.com/starkandwayne/concourse-tutorial/master/docker-compose.yml
$ docker-compose up -d

fly CLIのセットアップ

flyコマンドについては、こちら

fly CLIをダウンロード

http://127.0.0.1:8080/にアクセスして、OSのロゴをクリックするとfly CLIのバイナリが落ちてきます。(今回はMacで話を進めます)

1

ダウンロードしたら次のコマンドを実行します。

$ sudo mv ~/Downloads/fly /usr/local/bin
$ sudo chmod 0755 /usr/local/bin/fly

ターゲットの指定

fly CLIは、declaring absolutely everything you do to get absolutely the same result every timeの精神に基づいており、flyコマンドを実行する度にターゲットAPIを指定する必要があります。

ターゲットエイリアスを作成

// tutorialという名前でエイリアスを作成
$ fly --target tutorial login --concourse-url http://127.0.0.1:8080
logging in to team 'main'

navigate to the following URL in your browser:

  http://127.0.0.1:8080/sky/login?redirect_uri=http://127.0.0.1:54711/auth/callback

or enter token manually:

メッセージにしたがってhttp://127.0.0.1:8080/sky/login?redirect_uri=http://127.0.0.1:54711/auth/callbackにアクセスすると、ログイン画面が表示されます。 docker-compose.ymlのservices.concourse.environment.CONCOURSE_ADD_LOCAL_USERに設定されている。username:admin、password:adminでログインできます。 コマンドでもログインできます。

$ fly --target tutorial login --concourse-url http://127.0.0.1:8080 -u admin -p admin
logging in to team 'main'

target saved

ターゲットとして指定されているConcourseと同じバージョンのflyコマンドにアップグレード

$ fly --target tutorial sync
version 4.2.1 already matches; skipping

ターゲットの確認

$ cat ~/.flyrc
targets:
  tutorial:
    api: http://127.0.0.1:8080
    team: main
    token:
      type: Bearer
      value: eyJhbGciOiJSUzI1NiIsImtpZCI6IiIsInR5cCI6IkpXVCJ9.eyJjc3JmIjoiNTEzZGIyZTBiMGVkYTEzZGU5MDk5Mzk0YjJkMWNiMTViZDQ2ZTJjZTgzZjRhOTFjYjRmMmQzZjY4ZmFmOWE5YyIsImVtYWlsIjoiYWRtaW4iLCJleHAiOjE1NDcyNzcyMzUsImlzX2FkbWluIjp0cnVlLCJuYW1lIjoiIiwic3ViIjoiQ2dWaFpHMXBiaElGYkc5allXdyIsInRlYW1zIjpbIm1haW4iXSwidXNlcl9pZCI6ImFkbWluIiwidXNlcl9uYW1lIjoiYWRtaW4ifQ.n-3zISYO7poQamnjJ-yYP-ChX3RHROTWkwng3GnHm3d8fefxoO8p-Bxod2we-KQWEfE8w27JuyNejOI53dSK7rORi1bu8xUE7WbLkhZTA1TlvTzPj8sEXT-KJ_PfCBgyhs_vL91LertLkXVA0Orre6aRGb-kHd-tbdqF1OaMFGYKZbJ5oZr0hMtvunQrpm3oIbeHEX0Edvwi2tYDem4ccwqrhoxSEYVouXuBthdq59LeBw5INsM92UIBPQNkZqkSZyQCJqaSzr3xeGDiDxWl5uxIfeAFHfOUSuqefTE1bhWS3dolRDWr5SDWi_oIuW1fCMmsY8bWMrWGnCatI4tXuQ

エイリアスの作成をしたので、flyコマンド実行時に fly --target tutorial とうつことでこのConcourse APIをターゲットにできます。

Taskを実行する

task_hello_world.ymlの実行

任意のディレクトリで次のコマンドを実行し、concourse-tutolialをクローンしてtask_hello_world.ymlを実行します。これは、echo hello worldと出力するだけの簡単タスクです。

$ git clone https://github.com/starkandwayne/concourse-tutorial
$ cd concourse-tutorial/tutorials/basic/task-hello-world
$ fly -t tutorial execute -c task_hello_world.yml

タスクが完了すると、以下のように出力されます。echo hello world が呼ばれていることがわかります。

executing build 1 at http://127.0.0.1:8080/builds/1
initializing
running echo hello world
hello world
succeeded

http://127.0.0.1:8080/builds/1にアクセスするとWebUIで実行結果を確認できます。

2

task_ubuntu_uname.ymlの実行
$ fly -t tutorial execute -c task_ubuntu_uname.yml
executing build 4 at http://127.0.0.1:8080/builds/4
initializing
running uname -a
Linux 303a03ea-bb52-406c-6da3-93235f258a59 4.9.125-linuxkit #1 SMP Fri Sep 7 08:20:28 UTC 2018 x86_64 x86_64 x86_64 GNU/Linux
succeeded

これも同様に、http://127.0.0.1:8080/builds/4にアクセスするとWebUIで実行結果を確認できます。

3

今回はとりあえずここまでです。