All Articles

Gradle 4.x -> Gradle 5.xに上げた

Spring Boot2系にあげたときにやったことをまとめようと思います。関連記事 今回はGradleの話です。Upgrading your build from Gradle 4.x to 5.0を参考に作業しました。 これだけじゃなかったと思うので、思い出したら追記します。もうGradle 6出ているんですが、まだそんなに対応していないのでとりあえず5の話です。

4系の最新までバージョンをあげる

まず、4系の最新までバージョンをあげます。 build.gradleにこのように書いて、 ./gradlew wrapper を実行します。

wrapper {
gradleVersion = "4.10.2"
distributionType = Wrapper.DistributionType.ALL
}

ビルド

次にビルドです。

./gradlew build

コマンドを実行すると、Gradle 5.0で非互換になる機能を利用しているとメッセージが出力されることがあります。 --warning-mode all オプションをつけて実行すると詳細を確認することができます。参考

build.gradleの書き換え

大きな書き換えは、dependencies指定するcompilieimplementationに書き換えることでした。4.7からcompileとかruntimeなどが非推奨になっています。参考
implementationに変更することで依存関係が伝播しなくなるため明確になり、結合度が低くなります。

fooモジュールとbarモジュールで構成されたマルチモジュールプロジェクトがあるとします。 build.gradle(fooモジュール)

dependencies {
    implementation "com.fasterxml.jackson.dataformat:jackson-dataformat-csv"
}

build.gradle(barモジュール)

dependencies {
    implementation project (":foo")
}

jackson-dataformat-csvimplementationで指定されているので、barモジュールではjackson-dataformat-csvの依存関係は伝播しません。

アーカイブファイルの名前を変更する

5.1からアーカイブファイルの名前を変更するときarchivesBaseName=hoge を使うようになりました。 jar.baseName=hoge は非推奨になりました。参考

おまけ

Gradle 3.x -> 4.10.2にするときにLombokが怒ってました。Lombok 1.18.2以上にしてねとのことでした。 参考

Spring BootのGradleプラグイン 実行可能Jar(or War)作成タスクが bootRepackage から bootJarbootWarに変更になった。jarタスクやwarタスクは呼び出されない。参考