All Articles

Spring Boot 1.5.xから2.0.xに上げた ~Spring Test編~

Spring Boot 2系にあげたときにやったことをまとめようと思います。関連記事
今回は、Testingの話です。Spring Boot 2.0.9.RELEASEに上げた話になります。2.2対応はまたいつか書きます。

依存しているライブラリのバージョン

Spring Bootのバージョンを1.5.22から2.0.9に上げると依存しているライブラリのバージョンが次のようになります。
Spring Boot 1.5.22.RELEASE

Spring Boot 2.0.9.RELEASE

Spring Boot 2.xに上げると、Mockito 2.xになります。
JUnit 5も対応しましたが、対応しただけでデフォルトはJUnit 4になっていますのでご注意ください。Spring Booot 2.2.xからデフォルトがJUnit 5になります。

パッケージ変更

- import org.mockito.runners.MockitoJUnitRunner;
+ import org.mockito.junit.MockitoJUnitRunner;
- import org.mockito.Matchers.*
+ import org.mockito.ArgumentMatchers.*
- org.mockito.Matchers.anyListOf.(Hoge.class);
+ org.mockito.ArgumentMatchers.anyList();

など

不要なスタブの削除

利用していないスタブがある場合は、UnnecessaryStubbingExceptionを投げるようになりました。 行番号を教えてくれるのでひたすら削除します。

UnnecessaryStubbingException

例えば、このようなテストを書いていたとします。

String result - translator.translate("one");

// test
when(translator.translate("one")).thenReturn("jeden");
when(translator.translate("two")).thenReturn("dwa");

when(translator.translate("two")).thenReturn("dwa");のスタブは作ったけど、実際呼ばれることがないのでUnnecessaryStubbingExceptionが投げられます。 歴史のあるコードだと消し忘れはいっぱいあると思うので地味に辛いですね…

まとめ

Spring Boot 2.0.xへのテストのマイグレーションは特に難しくはなかったですけど、単なる書き換えが多くて眠かったです。2.1.x, 2.2.xの変更の方が大変です。 ちなみにJUnit 5からHamcrestがデフォルトで入らなくなりましたのでこれを機にAssertJに移行してみてはいかかでしょうか?